2010年6月10日木曜日

政治と芸術との関係をめぐる、ある重要な議論

『紫陽』21号掲載の竹村正人くんの詩「詩人は ―渡辺玄英氏に」を、河津聖恵さんがご自身のブログ「詩空間」で紹介しています
『現代詩手帖』2010年1月号で、渡辺玄英さんは自身が担当する詩集評において河津聖恵さんと野樹かずみさんによるシモーヌ・ヴェイユへのオマージュ『天秤 ―わたしたちの空』を批判的に取り上げたのですが、竹村くんの詩はその詩集評に窺える看過し得ない問題に対する意思表明として書かれたものであり、河津さんのブログ記事は玄英さんに対する当事者としての直接的な反論です。

とはいっても、実は玄英さん個人の問題というよりは、玄英さんを包んでいる現在の批評空間に蔓延するシニシズムという病についての話だと思っていただければいいでしょう。
(渡辺玄英さんは現代詩界においては良質な批評家であり、つるし上げることを目的になされた議論ではないことを、誤解のないよう注記しておきます)
言論活動においては無菌室のような安全な場所などありえないわけですから、当然、かくいう僕自身もそのような陥穽とは無縁でありえず、それゆえ常に自らの立ち位置への反省が要請され続けるわけです(『紫陽』というインディペンデントな詩誌を7年も続けているのはそのような要請への実践的な応答だと思ってください)。しかし、僕もまた居直りのシニシズムに対しては激烈な論調で糾弾する立場をとりますし、何かを主張するということは常に既に戦略的なものを含み込む以上それが矛盾であるとは思っていません。

さて、そのシニシズムの特徴は、誰もが加害者にもなり被害者にもなりうる構造を絶対的に「相対化」し、その構造ゆえに巧妙に覆い隠された断絶線を、あぶり出し告発する者たちに対して(時に露骨な)不快感を示すというもの。ですが、それは何も詩に限ったことではなく、権威化したメディアにおいては広くみられる現象です。

しかしそれがあまりにも普通な顔をしているせいで、この病に冒されていることに多くの人が気づかず、また気づいても容易には向き合えません。それは詩の世界であれば“現代詩”と呼ばれるものの成立を可能にしている条件そのものにかかわる問題だからなのでしょう。

70年代のある時期、大阪梅田の紀伊國屋に納品された詩誌『白鯨』100冊が完売したというエピソードがあるのですが、詩が売れた時代というのは確かにありました。思潮社の『現代詩手帖』であれば1977年の黒田喜夫特集や1978年の石原吉郎追悼特集など素晴らしい特集が組まれ、現在の『現代詩手帖』と同じ雑誌であることが信じられないくらいの輝きを、今なお放っています。
2010年代に入った今となってはおとぎ話のようなエピソードですが、当時は詩がある社会的なリアリティをもっていた、つまり現実社会との間にホットな回路をもっていたということがそれを可能にしていたのだと思います。

近年、河津聖恵さんがなされている活動は、1991年の藤井貞和と瀬尾育生(及びその背後にある詩壇の顕然/隠然たる力)による湾岸戦争詩論争以後、無惨なまでに断ち切られてしまった回路をふたたび結びなおす取り組みであるともいえるでしょう。

ともあれ、河津さんのブログでは政治と芸術の関係をめぐって、玄英さんや竹村くん(駄々村くん)も交えた非常に有意義な議論が展開されていますので、一読されることをお薦めします。


◆河津聖恵ブログ「詩空間」2010年6月8日
http://reliance.blog.eonet.jp/default/2010/06/post-3d86.html



▼政治と芸術との関係について書いた過去の記事(参考までに)
http://zatsuzatsukyoyasai.blogspot.com/2010/03/blog-post_07.html
http://zatsuzatsukyoyasai.blogspot.com/2010/04/37.html
http://zatsuzatsukyoyasai.blogspot.com/2010/05/blog-post_06.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。