2010年12月20日月曜日

亰雜物「桶の狭間を埋める二〇〇八年一二月の塵芥」

各地で屢々話題になっていたド根性野菜
実はアナキストたちによる勇敢なゲリラ種播きの成果であるとういことは ほとんど知られていない


****差派 差派 差派 差派・・・


カメガエルが涙を流しながら山の辺の道を歩いている


半截された天神山古墳を貫く県道を横断した時目にした轢殺され干涸らびたツチガエルのことを想い 無数に設えられた気管支の迷路を潜り抜け 行燈山古墳周濠脇の田圃を棲処とするアマガエルに逢いに


カメガエルはひたすら這いずり歩いている


****擬古 擬古 擬古 擬古・・・


とある午後


鼻に溜まった吉備団子を指で捏ねると団子虫になった

夢から醒めた詩人に ドイツ製挽肉機が届く


****差派 差派 差派 差派・・・


破れ靴下の井戸から覗くミクロコスモス
榠樝(かりん)ジャムのパトスを妄想しながら凝視していると顔に接点復活剤をスプレーされた 犯人はスケベ笑いの子泣き爺か? 
硬化してゆく 瞼
が クラフトパルプに階調を同化させる時間

澱粉が咆えアポクリン腺が破裂する


****擬古 擬古 擬古 擬古・・・


賞味期限を改竄するK社の業務用インクジェットプリンタの廃液を浴びる派遣工場労働者の群に蔽い被さる蚊帳の外で この数ヶ月間意識にまとわりつく「夜明けの黒いミルク」の意味について思索を巡らす午前四時五分前……

石畳の上で落ち葉がカタカタと踊り出す
ほどなくして現れた精霊?の姿は

左半身が前方後円墳 右半身がホルスタイン


****差派 差派 差派 差派・・・


十年来の念願叶って入手した往年の抒情詩人MSの全詩集を眺めていると 水木しげる漫画のサラリーマンに酷似しているのは井上ひさしであるという確信が黒豆乳に押し流されてしまった

天井にはぽっかりと開くヤツメウナギの口

昨夜 聴覚を侵食したファミリーマートのCMが無限反復する毛細管を谷俊のグラビア写真が自己増殖を繰り返しながらぺたぺたと愛撫する脇で 一匹の虫(体調約2㎜の芋虫状・名称不明)が渋柿にトンネルを掘る

その虫がジャムになった榠樝を食べた虫の親戚であると信じているのはただ詩人のみである







※『紫陽』17号(2009年1月)所収。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。