2016年8月4日木曜日

冨士原清一「成立」


Wir suchen überall das Unbedingte und finden
 immer nur Dinge -Novalis


夜の子宮のなかに
私は不眠の蝶を絞殺する
私の開かれた掌の上に
睡眠の星形の亀裂が残る

   ★

風はすべての鳥を燃やした
砂礫のあひだに錆びた草花は悶え
石炭は跳ねた
風それは発狂せる無数の手であつた

溺死者は広場を通過した
そして屋根の上で生が猿轡を嵌められたとき
夜は最後の咳をした

   ★

かの女は夜の嵐のなかに
鉛の絲を垂れて
かの女の孤独の影を釣る

   ★

泥が泥を喰ふ
石が石を粉砕する
沈黙が沈黙の喉を絞める
不幸が不幸を下痢する

早朝私の影は穴倉から
血の繃帯を顔に巻いて出てくる
蒼白な風の平原
そこで私は風の首を切断する
私の頬は打ち倒された
私は私の顔を喪失する

肉体の周囲に
死は死人のごとく固い

   ★

沼が泥の足で入つてくる
壁のなかで蕈が拍手する
肉体は久しいあひだ
寝台の上に忘却されてゐる
肉体それはつねに荒地である
そこでは臓物の平原のなかを
血尿の河が流れる

私はながい孤独の雪崩の後に
疲労の鏡を眺めて
顔面に短剣で微笑を鏤める

   ★

蛹 それは成立である
蝶 それは発見である

   ★

火薬のごとき沈黙があつた

私の唇は砕けた
そして背後に打ち倒された私の頭は
襤褸屑になつた手たちを眺めた

足はいつまでも立つてゐた
打ち込まれた斧のごとく

   ★

家のなかの見えない岩石
私は衝突する
私は傷つく
私は覆へされる
家のなかの見えない岩石
ただそれが巨大であることだけを
私は知つてゐる



-----------
日本におけるシュルレアリスム詩運動の中心人物だった冨士原清一(1908-1944)は、生前、一冊の詩集も残さなないまま戦争に召集され、南方で戦死した。
詩集『魔法書或は我が祖先の宇宙学』(1970年、母岩社、[限定100部])は鶴岡善久の手によって編まれ、瀧口修造が夭逝した友に宛てた序文「地上のきみの守護天使より」を寄せる。
ここに紹介する詩「成立」は1933年[昭和8]6月、雑誌『文学』に掲載された。

シュルレアリスム詩が、〈実存〉をめぐる哲学の圏域と深く交わっていることを窺える佳作である。


見返しに綴じ込まれた深沢幸雄の銅版画(エッチング)


◆冨士原清一詩集『魔法書或は我が祖先の宇宙学』(1970年、母岩社、[限定100部])
序文:瀧口修造
編者:鶴岡善久
オリジナル・エッチング:深沢幸雄
装画・装幀:高橋安子 






0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。